『ポエムの写真館』

ポエム(詩・詞)とフォト(写真)を融合した美しい世界を創造している無料投稿紹介アカウントです。

『あの日の月は大きすぎて、 もっと近くにあると思っていたんだ。』応募作「槇本大将」さん

2020年4月26日

エントリーNo.22
「槇本大将」さん

『あの日の月は大きすぎて、
もっと近くにあると思っていたんだ。』

https://twitter.com/rock6lock1
f:id:nanometer717:20200419194033j:plain

『あの日の月は大きすぎて、
もっと近くにあると思っていたんだ。』
作家 槇本大将

恋し合う満月と地球のランデヴー
茶化すようにその間をフラフラと飛ぶ
UFOと呼ばれてもボクはそうじゃあない
恋し合う月と地球はランデヴー
グルグルまわりワルツみたいだ
ボクはその間を行ったりきたり
青い地球と光る月
どちらもボクにはお構いなしで
お互い引力の手を伸ばし抱きしめ合おうとしてる
さて
ちょっと
月に住むウサギにメールでも送ろうか?
(アドレスも知らないクセに?)
地球に住むオサルは
1つ呟いて月を見上げる
月に住んでるらしいウサギに届けと
手を伸ばして月を見上げてる
月に住むウサギにアポロでも打ち上げようか?
あの日の月は大きすぎて
もっと近くにあると思っていたんだ
地球にへばりついてるオサルは
電波にのせたメッセージ
届けばイイとロケットを
月に向かって打ち上げたんだ
そして
オサルはきっと勘違いして
ウサギに恋するんだ
あの日の輝く満月は大きすぎて
もっとそばにウサギがいると思ったんだ
恋するオサルは盲目だ

***********************************************************
(※エントリーは応募順/
写真はイメージです)
***********************************************************

          ↓↓↓ポチッと応援よろしくお願い致します

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ポエムブログへ