『ポエムの写真館』

ポエム(詩・詞)とフォト(写真)を融合した美しい世界を創造している無料投稿紹介アカウントです。

『あの日の月は大きすぎて、 もっと近くにあると思っていたんだ。』応募作「Ika」さん

2020年4月22日

エントリーNo.9
「Ika」さん

『あの日の月は大きすぎて、
もっと近くにあると思っていたんだ。』
 

https://twitter.com/ikachino77

f:id:nanometer717:20200419194033j:plain

『あの日の月は大きすぎて、
もっと近くにあると思っていたんだ。』

作家 Ika

あの時の君は どうしてる
あの日の僕は まだ居るよ

心の中に霧の中に彷徨って
例えば これが愛ならば
君は まだそこで待っているの
僕は一人 心の檻でもがいてる

君と 行ってみよう
あの日の月は 大き過ぎて
近くにあると 思っていたんだ
君のかけらでもいい
あの時 のかけら は今でも
僕の心の 一部となってるよ

痛い事 辛い事 ちょとした事で
つまづいて嫌になって 転んで

泣き叫ぶ僕だよ 君は あまりにも
強くて 心弱い僕は 君に触れられない
例えば これが愛ならば 君は一体
どういう気持ちなの 君の気持ちが知りたい

一緒に 行ってみよう
あの怪しい 月が見える場所に
君の 喜ぶ姿が 見れれば それだけでいい
僕のかけらでもいい
あなたの一部になれるのなら
僕の心を全てを君にあげるよ

手を繋いで あの月を見よう
あの日の月は大き過ぎて
近くにあると 思っていたんだ
君の気持ちを知りたい
**********************************************************
***********************************************************
(※エントリーは応募順/
写真はイメージです)
***********************************************************

          ↓↓↓ポチッと応援よろしくお願い致します

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ポエムブログへ