『ポエムの写真館』

ポエム(詩・詞)とフォト(写真)を融合した美しい世界を創造している無料投稿紹介アカウントです。

アメブロ、Instagram、Facebookに作家「比喩」さんの詩をご紹介しました。

 

f:id:nanometer717:20200109201740p:plain

「ビトリファイ・アレゴリー」  
作家 比喩

目が醒めるくらい
笑顔の君の夢を見てた
太陽が邪魔して
目は覚めてしまったけれど
少し前の思い出は
光に溢れ過ぎてて
求めれば求めるほど
心がガラスみたいになっていく
これが恋なら

今じゃ何もできないかもしれないけれど
命を燃やして走る
真夏の水道管の夢が
心地良すぎたから
今すぐ飛び出そう

渇ききったアスファルト
飛び降りるどしゃ降りの雨の中
クリアな水色に満ちたあの季節みたいに
また笑顔の君を見つけるために

静かなススキの海
凛とした君が目に焼き付いて
胸に余る孤独など
君の光にかき消されてた

濡れた土が香る中
喉を走る炭酸と
過ごした日々の欠片が
胸中溢れてるから走れるのさと

渇ききったアスファルト
叩きつけるどしゃ降りの雨の中
水色の風が頬を撫でるあの季節みたいに
また笑顔になるために

いつの日にも心は近くに居て
胸にまとう氷が溶けだした事に
もっと早く気付けていたなら…

渇ききった胸のハートに
叩きつけるどしゃ降りの雨ですら
瞬く間に晴れていくあの季節みたいに
また綺麗な涙を…

また綺麗な涙を…

渇ききった心の唇に
焚き付けるこれが愛なら
もう君以外とじゃ笑顔になれないから
また綺麗な言葉を

またみずみずしいフレーズを


 

 
↓↓↓ポチッと応援よろしくお願い致します
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ポエムブログへ