『ポエムの写真館』

ポエム(詩・詞)とフォト(写真)を融合した美しい世界を創造している無料投稿紹介アカウントです。

アメブロ、Instagram、Facebookに作家「 禦次子」さんの詩を紹介しました。

 

 

f:id:nanometer717:20191213001919p:plain


「自ずから然る」

作家 禦次子

胡蝶

舞子

花園に

虫瘤

大木

枝広げ

瓢箪

小脇

抱えつつ

石を枕に

居眠るを

鳥獣さえも

妨げず

陽光

ただただ

朗らかに

襤褸着た

身には

暖かく

居眠る御仁

誰じゃろう

ふと目覚めて

瓢箪を

口に運びて

酒を飲む

酔うてるようで

酔うてなく

ときに歌えば

風を呼び

詩歌

流れて

九万里

 



 

">
↓↓↓ポチッと応援よろしくお願い致します
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ポエムブログへ