『ポエムの写真館』

ポエム(詩・詞)とフォト(写真)を融合した美しい世界を創造している無料投稿紹介アカウントです。

Twitter、アメブロ、Instagram、Facebookに作家「鹿田草太」の詩をご紹介しました。

   

f:id:nanometer717:20191119004148p:plain

 



                                         

「夏の奇跡」 作家 鹿田草太

 

ミーンミンミンミンミン
蝉の鳴き盛る午後
滴る汗を腕でぬぐいながら
沸き立つ入道雲を眺めていた
ただひたすら暑く
何をする気にもなれず
目の前にそびえたつ巨大なものが
視界に目立つから
眺めていただけ
ミーンミンミンミンミン
ジュイィーーーーーーーーー
ゆっくり形を変えゆく雲と
鳴き続ける蝉の声
滴る汗を腕でぬぐいながら

眺めていた世界は
ただひたすら夏で
その絶頂でしかなかったけれど
茹った頭でどうにか考えたからこそ
絶頂だったのだ
もしその時冷静だったなら
懸命になく蝉と夏を重ねて
儚さを悲しんだに違いない
これは夏の奇跡

                                                                 

  

 

↓↓↓ポチッと応援よろしくお願い致します
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ポエムブログへ