『ポエムの写真館』

ポエム(詩・詞)とフォト(写真)を融合した美しい世界を創造している無料投稿紹介アカウントです。

アメブロに「シン」さんの2019/11/16の詩をご紹介しました。(Instagramでは2019/11/16のものが見れます)

 

f:id:nanometer717:20200123225536p:plain

「傘」
作家 シン

雨が降りそうだから

傘を持って歩く

なかなか降らないと

その傘が邪魔に感じる?

確かにそれもあるよね

でもね

雨が降らなくても

傘に変わりはなく

傘に罪はない

その必要があるから

傘を持って歩くんだ

そこに在るだけで

安心出来るからさ。

 

 

 

 
↓↓↓ポチッと応援よろしくお願い致します
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ポエムブログへ

コラボレーション作品のためのフォト募集!

皆様こんばんは!
アメブロ『詩(詞)の世界をデザインする日々』
にも同じ記事を上げましたが、
最近「フォト✖️詩」の
コラボレーション作品を
何作品かご紹介させて頂きました。

こんな写真あったらいいなあ・・・と
思う写真は

⚫︎星空の写真

⚫︎朝の風景写真

⚫︎何気ない街の風景

⚫︎冬の風景(冬の夜があったら
もっと嬉しい)

⚫︎恋を匂わせるような写真

⚫︎淡い色の写真

⚫︎セピアの写真

⚫︎モノクロの写真

⚫︎花(一輪のアップとか)

⚫︎道の風景

⚫︎その他フォトを撮っている方からの
お勧めがあれば!

TwitterのDMでも良いですし、
アメブロのコメントでも、
はてなブログのコメントでも、
インスタグラムのメッセージでも

どこからでもご提供
お待ちしております・・・!

f:id:nanometer717:20200123223723p:plain



ameblo.jp


のリンクに

『旬の季節モノnano♪』


を追加しました。

バレンタインギフトのお勧めを
ご紹介していますので
ぜひ遊びに来て下さいね。


 

 
↓↓↓ポチッと応援よろしくお願い致します
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ポエムブログへ

アメブロ、Instagram、Facebookに「KAO-G」の<長編の詩3完結>を紹介しました。(長編の詩1.2も添えて。)

 

f:id:nanometer717:20200123205323p:plain

「リセット」
<長編の詩3>
KAO-G

 

f:id:nanometer717:20200115224125p:plain

 

 

「リセット」
<長編の詩2>
KAO-G

 

f:id:nanometer717:20200108233244p:plain

「リセット」 KAO-G
<長編の詩> 
 
僕の部屋に小さな羽虫が

まぎれ込んでいた

彼は垂直に立ち上がった

冷たい壁でじっとしていた

僕は彼に気付かれないように

近付こうとした

彼は僕が近付く前に
壁から飛び立ち
小さな部屋の中を
クルクルと何周かしてから
今度は別の冷たい壁に止まった

僕はしばらくの間彼を見ていたけれど
飽きてしまって
ソファに座り読みかけの本を手に取った

その本にも飽きてしまった僕は
彼が居る筈のあの壁を見た
そこに彼は居なかった
 

なぜか気になった僕は
その場から彼を探した
彼は、ストーブの側のカーペットの上で
居心地良さそうにじっとしていた

僕は彼の為にストーブを消さずに
ベッドに入った

その日中々眠りに付けなかった僕は
彼の様子を見に行く事にした

彼はそこに居た
僕は近づいてみた
今度は彼は飛び立たなかった

僕は彼にそっと触れてみた
彼は動かなかった

僕は優しく彼をつまみ上げ
手の平に乗せ
温かい息を何度も吹きかけてみた

彼は死んでいた

僕はとても悲しくなった
涙が頬を伝って流れた
僕は自分が泣いている事に驚いた  

 彼の為に泣いている訳じゃ
無い事は分かっている
過去の全ての悲しみが
今押し寄せて来たのだ

静かな涙が嗚咽へと変わり
やがて叫びに近い声を上げて
泣いた

泣いて泣いて、
泣き疲れた頃涙が枯れた

すっかり夜が明けていた

僕は手の平の上の彼を優しく
包み込んだまま
アパートを出て、近くの街路樹の根本に
彼を埋め土に還した

僕の気持ちはすっかり晴れていた
今日も又頑張れると思った

 
↓↓↓ポチッと応援よろしくお願い致します
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ポエムブログへ

アメブロ、Instagram、Facebookに作家「Poemin 」さんの詩をご紹介しました。

                   

 

                    

f:id:nanometer717:20200122235143p:plain

「恋色シャボン玉」 作家 Poemin 
毎日「おはよう」って
もう何回目だろう
わざと遅刻 君を待ちぶせ
そろそろ見透かして
冬を背に春の木漏れ日差す
淡い夢を抱いている
蕾のまま 咲かせられない思い
風に託して 飛ばせたらな
息をそっとずつ吹き込んで
恋色に輝くシャボン玉
青空のように澄んだ恋
叶うように ふわりシャボン玉

          

↓↓↓ポチッと応援よろしくお願い致します
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ポエムブログへ

アメブロ、Instagram、Facebookに作家「Maria」さんの詩をご紹介しました。

                   

f:id:nanometer717:20200122214932p:plain

                   

f:id:nanometer717:20200122214956j:plain

         (この作品はMariaさん自身が作成した作品です)

 

↓↓↓ポチッと応援よろしくお願い致します
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ポエムブログへ

アメブロ、Instagram、Facebookに作家「葉山 葵」さんの詩をご紹介しました。(先週の作品「白梅」と共に。)

f:id:nanometer717:20200122211019p:plain

f:id:nanometer717:20200122211041j:plain

(この作品は葉山さん自身が作られた作品です)

 

f:id:nanometer717:20200115210055p:plain

 

f:id:nanometer717:20200115210125j:plain

(この作品は葉山さん自身が作られた作品です)

 




 
↓↓↓ポチッと応援よろしくお願い致します
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ポエムブログへ

今夜の暇つぶしに音材69の詩を。アメブロ、Instagram、Facebookに。

 

               

f:id:nanometer717:20200121225421p:plain

「泣き虫じゃないよ。」 音材69

あなたは私の事
泣き虫だと思ってるんだろうな。
でも、そんな泣いたりする事なんて
滅多に無いんだ。

春に変わって行く毎日に
いつもいつも茶化し合ったね。

あなたは私を待っていたのでしょう?
寂しい夜も
熱が出て心細い時も
恋人と別れて
大人ながら涙した日も

思ったより随分厄介で
データが無い、破茶滅茶な私に
何となく安心していたのでしょう?

私はあなたが不安に支配されて
何もかも見失いそうになった時
寂しい気持ちが自分を責めて
何も信じられなくなった時

声を上げて
わんわん泣いた。

泣き虫なんかじゃないよ。
心がね
痛くなったんだよ。

何度も。

沢山の粒が
流れ落ちるたびに
いっぱいの笑顔と
いっぱいの繋がりが
溢れ出していく。



 

↓↓↓ポチッと応援よろしくお願い致します
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ポエムブログへ